家の模型と男性の手

競売にかかる前に任意売却について不動産会社へ相談しよう

家の模型

住宅ローンを滞納・延滞すると、債務者がローンを分割で返済する権利が失われてしまいます。そして債権者である金融機関は一括で残りの住宅ローン全額を要求することができます。債務者が一括で残りの債務を返済できない場合、金融機関は担保となっている住宅を強制的に売却し貸したお金を売却代金より回収します。この強制的に担保となっている住宅を売却するのが、いわゆる競売といわれるものです。
競売にしたくない場合に金融機関の合意を得て、債務者自らの意思でローンが残っている物件を売りに出すことを「任意売却」といいます。神奈川には横浜・川崎・鎌倉など人気のエリアが多く、東京へ出勤する人のベッドタウンとしても人気の場所です。そのために高額の住宅ローンが重荷となり、任意売却を考える人も多くなっています。そして先の理由のとおり、神奈川は人気エリアだけに、好条件で任意売却できる可能性が高いのです。
しかし、それには早い段階で専門の業者に相談することが大切です。神奈川の任意売却専門の不動産会社を決めたら、専属専任媒介契約を締結します。そして媒介契約を結んだ不動産会社が価格査定を行い、債権者と交渉・協議を行ってくれます。交渉後、債権者から売却の合意を得たら売却活動が開始されます。競売を避けたい場合は、任意売却専門の不動産会社へ相談してみてください。

ピックアップ

イチオシ